グルメ

長命寺 創業300年の桜もちがおいしい!江戸時代から伝わる伝統の味!

長命寺桜もち

 

『長命寺桜もち』は墨田区内で1番有名な和菓子です。

創業300年を誇る”江戸時代からの伝統の味”は感動モノ。

北海道で生まれ育った私は桜もちと言えば、ピンク色をした「道明寺粉製」のものです。

長命寺桜もちは白なので、ビジュアルからカルチャーショックを受けました。

食べてみると、上品なお味でハマること間違いなし!

今回は『長命寺桜もち』を全力で紹介します。

◆上品な甘さで必ず食べてほしい!

◆1個220円とコスパも良い!

◆5個入をテイクアウトした際のお会計は”1,100円”!

 

Sponsored Links




長命寺 桜もち 山本やのメニュー

長命寺の取り扱いメニューは”桜もちのみ”です。

長命寺桜もちのメニュー

【箱詰め】

◆5個入 1,300円
◆8個入 2,000円
◆12個入 2,900円
◆15個入 3,600円
◆20個入 4,700円
◆25個入 5,800円
◆30個入 7,000円
◆40個入 9,200円
◆50個入 11,400円

【篭詰め】

◆10個入 2,700円
◆15個入 3,900円
◆20個入 5,000円
◆25個入 6,200円
◆30個入 7,300円

【その他】

◆バラ 220円
◆召し上がり 350円
※店内で食べる場合はお茶もついてきます

 

長命寺 桜もち 山本やは上品な甘さが魅力!

長命寺桜もち

こちらの葉っぱは食べないのがお店推奨。

では、早速いただきます。

長命寺桜もち

 

ットリ
ットリ
あんこが上品な甘さ!お茶とも合う♪

 

おいしいわ~。

あんこが甘さ控え目でホントにおいしい。

何個でも食べれそうな感じです。1個あたり106kcalなので、罪悪感も少ないのが魅力的。

賞味期限は当日中になっています。

1個残して翌日に食べてみましたが、結構固くなっていました。

 

長命寺の桜もちは手土産としてもかなりおすすめです。

喜ばれること間違いなし!

 

Sponsored Links




みんなの口コミ

 

もちもちしていておいしいですよね~!!

 

このあたりは長命寺含めて桜がきれいなんですよね~。

いつか桜もち片手に花見をしたい!

 

 

この方は日本三大桜もちに選んでいます。

 

長命寺 桜もち 山本やの基本情報(営業時間・定休日等)

店名 長命寺 桜もち 山本や
住所 東京都墨田区向島5-1-14
電話番号 03-3622-3266
営業時間 8:30~18:00
定休日 月曜日
支払方法 現金・PayPay
駐車場 なし
アクセス ◆押上駅から徒歩で約14分
◆曳舟駅から徒歩で約14分
地図 Googleマップはこちら

まとめ

『長命寺 桜もち 山本や』では、上品な甘みの桜もちを楽しむことができます。

”江戸時代から続く伝統の味”はかなり貴重ですよね。

これだけ長く愛され続けているものを食べるのは初めてなので、単純に感動しました。

古き良き日本を絶やさないようにしていきたいですね。

皆さんも長命寺の桜もちを食べて、江戸時代を感じましょう!

 

私が実際に食べておすすめしたい墨田区のテイクアウト店をまとめました。

コロナでストレスを感じている方は、おいしいグルメに癒やされましょう♪

詳細はコチラ。

UZUのスライダー
墨田区テイクアウト私のおすすめ14選!家でお店のグルメを楽しもう! 「5月31日まで緊急事態宣言が延長になる」とニュースで報道されましたね。 旅行とグルメが趣味の私には辛い期間が続きます.....

 

Sponsored Links

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA